スポンサーリンク

【ジパングカジノ研究所 Vol.76】ソフト版テーブルゲームのイカサマ説を検証(ルーレット2,000回プレイ)

Entertainment

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.76」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は96.54%(2019年9月公式HP公表)、他と比べ魅力的な数値です。
宝くじのペイアウト率は46.8%(平成28年度)、競馬は70%、パチンコで80%ほどだと言われています。
96.54%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.76の検証】
ジパングカジノのテーブルゲームにはブラウザ上またはPCにダウンロードしてプレイできる「ソフト版」と、
ライブ配信された映像を見ながらプレイできる「ライブ版」があります。
ソフト版のゲームはコンピューターによって結果が出るため、イカサマだという噂が流れることもあり、
ライブ版しかプレイしないというプレイヤーもいるようです。
ソフト版のテーブルゲームは本当にイカサマなのでしょうか。
今回はソフト版とライブ版のルーレットをそれぞれ2,000回転ずつプレイし、結果を比較します。

プレイする機種はソフト版「クラシックルーレット」とライブ版「サファイアルーレット」です。
どちらもシングル0のルーレットで、$1を赤に賭け続けます。

今回は赤に賭け続けた場合のペイアウト率と連勝数、連敗数、そして全ての出目を記録して出現回数を比較します。
公平性が保たれたゲームであれば、ペイアウト率をはじめ、全ての結果が理論値に近い値で記録されると考えられ、
逆に、結果に大きな差があり、理論値に比べて偏りのある結果が出た場合はイカサマである可能性が高いと言えます。

果たしてどのような結果が出たのでしょうか。どうぞ、ご覧下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました