スポンサーリンク

【ジパングカジノ研究所 Vol.29】4連勝で16倍の払戻しになるパーレー法を徹底検証(バカラ1,000回プレイ)

Entertainment

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.29」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所主任研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は96.64%(2017年8月公式HP公表)、他と比べ魅力的な数値です。
宝くじのペイアウト率は47.0%(平成27年度)、競馬は70%、パチンコで80%ほどだと言われています。
96.64%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【今回の検証内容】
プレイするゲームはテーブルリミット$300のバカラ、初期ベット額$1でパーレー法を使用。4連勝で利益を確定させることとし、1,000回プレイします。
パーレー法は勝つと次回ベット額を倍にします。連勝が続くほど払戻し額も倍増していきますが、どこかで止めないと利益がでないベット方法です。

【前回検証したパーレー法】
ジパングカジノ研究所Vol.16ではパーレー法を3連勝で検証し、マーチンゲール法と組み合わせたベットながら、ペイアウト率113.55%という結果になりました。
今回はパーレー法を単独で使用するものとし、4連勝で初期ベット額に戻して利益を確定させた場合にペイアウト率がどうなるのかを検証します。

【パーレー法で長期ベット検証】
別名「逆マーチンゲール法」と呼ばれるパーレー法ですが、どうしても連勝でどんどん増加していく払戻し金額に注目してしまいます。
確かにこれはパーレー法の最大の特徴なのですが、もう一つ注目すべき利点があります。それは『連勝の途中で負けても初期ベット額分のマイナスで済む』ということ。
しかも連勝中は払い戻された金額をそのまま賭けるため、所持金は減りません。つまり、長期的なベットに向いていると言えるのです。
このことにより、ペイアウト率の推移が緩やかになります。動画の中ではペイアウト率の推移を表したグラフも公開しています。

【パーレー法の理論値】
バカラでプレーヤーに賭け続けた場合、4連勝する確率は約5.95%。1,000回プレイすると59.5回起こる確率です。
初期ベット額$1で4連勝した時の利益額は$15。つまり、4連勝が59.5回起こった時の利益額は$892.5になります。
実際のプレイで理論値どおりに4連勝が起こるか、利益額はいくらになるのかを検証します。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました